FC2ブログ

プロフィール

風間浦村観光協会

Author:風間浦村観光協会
風間浦村へようこそ!

青森県の天気予報

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海彦山彦」の方々がいらっしゃいました。


6月に風間浦観光協会がおじゃました深浦から、今度は「海彦山彦」の皆さんがいらっしゃいました。
11月21日、総勢14名、下風呂温泉にご宿泊です。
午後4時から、下風呂公民館にて意見交換会が開催されました。
「海彦山彦」の皆さんは体験型の観光事業や地産地消を実践している、言わば「ゆかい村」の先輩です。
今回の訪問でお互いの参考にできる事が見つかれば良いですね。IMG_2398.jpg
風間浦では、最近「手作り塩辛作り体験」が人気です。
深浦の皆さんにも早速体験していただきました。
IMG_2400.jpg
自分の作った塩辛を手に記念写真。
美味しくできたかな?
IMG_2402.jpg
下北と言えば、やっぱり「大間まぐろ」。
本州最北端にもでかけました。
その他、下北半島の観光スポットをめぐり、1泊2日でお帰りになりました。

青森県には南部にも「達者村」があります。
今度は「海彦山彦」「達者村」「ゆかい村」の3か所が一堂に会しましょう!と言う約束を交わし、深浦の皆さんはお帰りになりました。
「海彦山彦が達者村でゆかいに過ごす!」良いですよね。
新幹線が青森まで延びたら、お客様もたくさんいらっしゃいます。
皆さん、力を合わせて頑張りましょう。



スポンサーサイト

テーマ : 青森のあれこれ - ジャンル : 地域情報

下風呂温泉ミニ湯治モニターツアーのご報告です。

下風呂温泉夜話
先月10月の最後の週に、「下北の魅力満載&下風呂温泉ミニ湯治モニター」ツアーのお客様がいらっしゃいました。
このお客様たちは、応募数1008組(!!)の中から抽選で選ばれた5組10名の皆さん、首都圏在住の60代の方々です。
ツアー1日目は、薬研渓流散策後、夫婦カッパの湯に入浴してから、下風呂に到着です。
到着の夜、今もイカ漁に出掛けて行く74歳現役の漁師さんによる「下風呂夜話」が開催されました。
「下風呂の良い所は、湯っこがある事、食い物がうまい事、人が良い事」とお客様を笑わせながらの20分程の熱弁でした。
マグロ丼
2日目の昼食のまぐろ丼です。
大間エスコートクラブの皆さんが作って下さいました。
お客様の感想は勿論「チョ~うま!」。
「仏が浦」は海が荒れていたため、船上からしか見学はできませんでしたが、運良く100Kgのマグロが水揚げされたので、記念写真も撮れました。
100kgマグロと記念撮影
大間埼では、マグロモニュメントの前でエスコートクラブのみなさんと、記念写真をパチリ!
大間崎にて
さてさて2日目の夜は、今年最後になる「漁火ウォーク」に出かけました。
津軽海峡には沢山の漁火が見えて、お客様も感激ひとしお。
又、イカ釣り人にも出会えて、釣り上ったばかりの烏賊を見ることもできました。
漁り火ウォーク
3日目は、恐山見学からスタートです。恐山のガイドは今年からスタートしたとの事で、詳しく説明していただけました。
恐山境内ガイド
昼食は下風呂に戻り、地元食堂の特別メニュー「海鮮スペシャルカレー」(あわび、いか、ほたて入り)に舌鼓。午後からは、易国間川で鮭の遡上の見学、その後地元の木工所で、ひばの木工体験をしました。
桑畑温泉「湯ん湯ん♪」で入浴した後、元祖烏賊様レースを楽しみました。
最終日は塩辛作りの体験です。講師のいかの処理の説明に皆さん熱心に聞き入り、自分で塩辛を作りあげた後は本当に満足そうでした。
男の手料理1
塩辛完成
するめや生干しの烏賊でも塩辛ができると聞いた皆さんは、近所の惣菜屋さんでお土産にするめや生干し烏賊を買い求めていました。
家に帰られてから復習するのでしょうか?

このモニターツアーはミニ湯治を体験していただき、そのアンケートから今後のツアー造成に役立てて行く為に実行されました。
参加していただいたお客様有難うございました。
又、協力をして下さった皆様にも感謝致します。
今回の結果をもとに、風間浦観光協会も、下風呂温泉をさらに活気づける方法を探っていきたいと思っています。





テーマ : 青森のあれこれ - ジャンル : 地域情報

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。